本文へスキップ
東京池袋SBMカウンセリング
体調UP、朝気分よく頑張れる。
夜ぐっすり眠れ元気になる生活
習慣とポジティブ思考形成の
カウンセリングと心理療法を
行なっています。


東京池袋SBMカウンセリングは豊富な経験から
心と身体を強くするには、しっかり眠れることを大切にしています。
朝から気分よく頑張れる生活習慣の確立と、そこから沸き起こるやる気
自分らしさの中にあるポジティブ思考の安定こそが重要だと考えています。
薬を服用はあくまでも症状を抑える対処療法です。
以前と変わらぬ生活習慣と、無意識に辛くなってしまう生き方の癖に
気づかない限り、再び同じような問題で身体や精神を不調を繰り返して
しまうばかりです。

出社したくない、登校したくない方。
休職中の方、復職の予定がある方。
朝が辛い、夕方からしか元気にならない方。
夕方に精神的に不安定になってしまう方。
朝晩逆転してしまっている方には最適です。


人は朝になると体温が上昇し、午前中から夕方にかけ活動的になり、
その期間に体温が上昇し免疫力も上がります。脳ではこの動きに伴って
セロトニンが分泌され、夜にはメラトニンの分泌に入れ替わります。
こうして頑張れる生活習慣の確立と
周囲に振り回されない自己、
問題・悩みが解消されない自己からの変化を並行して行っていきます。


生活習慣と生き方の3タイプtopics
体温と免疫力の高さによって大きく生活習慣は3つのタイプに別れます。








 元気な生活パターン


 @元気で頑張れる!
前向きな精神と強い身体を維持出来る生活習慣
朝、体温の上昇とともに人は目を覚まします。充分に体温が上がると
今日も頑張ろうとする意欲が湧いてきます。そのまま夕方にかけて体温は
上がり(子供の頃は特に体温が高いのでお昼休みは校庭でドッチボールを
した時のように)体温が高ければお昼休みもぐったりすることなく元気に活動
していきます。こうして夕方には体温はMAXになると、夜に充実感を感じながら
心地好く眠りに入る生活です。
     
 

身体と心が弱っていく生活パターン


 A以前の様に頑張れない精神的にも周囲に振り回される、嫌なことが頭から
離れない、悩みが止まらなくなる生活習慣。
体温が低く朝は起きづらく午前中も辛い。昼食を食べると身体がだるくなる。
体温上昇が遅いために15時以降にやっと気分も上がり頑張れるようになる。
時間軸がずれていくため夜になっても眠れない。眠りたくない。
さらに血流悪化で首肩背中腰などがコリ、体温低下・免疫力低下の悪循環。
冷えが強くなり下半身は冷え上半身は暑くなる。胃腸の調子が悪くなる。
低体温化から交感神経が高くなるため眠りが浅く、神経過敏になる状態。
「こんな方にお勧めです」を参照してください。

肉体的・精神的に負担がかかると心・身体が不調になる生活パターン


B体も心も強くなれない生活習慣。  体温が低く、血行が悪い。首・肩・背中・腰のコリ、胃腸が不調。
上半身は暑く冷たいものを欲しくなる。朝が辛く、職場に着くと緊張してしまう。
夕方から体温が上がり始め、活動的になり前向きになり始める。
夜には身体が緊張し始め交感神経がさらに上がるために神経が過敏になり
悩みが消えない。胸に圧迫感や息苦しさ、心臓がドキドキして呼吸が早くなって
不安感なども強くなってくる。身体が常にだるく、身体機能も低下。心も体も辛い
状態。
「こんな方にお勧めです」を参照してください。

こんな方にお勧めです!!

眠れない、眠りが浅い、すぐに目が覚める。朝は疲れて起き上がれない状態がある。

首後ろ・肩や首筋、背中などがよくこる。
動悸がある。胸の圧迫感がある。または息苦しくなることがある。

心配事、不安な事など気になっていることが頭から離れない、落ち着かないことがある。
先のことが不安になる。またはこれから将来のことが不安になる。
追い詰められるような感覚がある。

考え始めると、よく頭が混乱しごちゃごちゃする。訳わからなくなる。
または色んなことをぐるぐると考えて止まらなくなる。

みぞおち近辺が痛い、または胃の具合が悪くご飯が食べられないまたはドカ食いをする。

周囲からどう評価されているか気になる。ダメになる感覚がある。

腰痛がある。以前に腰痛があった、もしくはぎっくり腰をしたことがある。

孤独感が強い。もしくは誰とも会わずに一人でいたいと感じることがある。

買い物やお酒やギャンブル等でお金をかなり浪費してしまうことがある。

お腹が痛くなる。便秘もしくは下痢になる。または便秘と下痢を交互に繰り返している。

イライラして人にあたる。もしくは自分を責める。自信がない。自分が嫌い。

おしっこが近い。膀胱・子宮が不調。もしくは下腹部が痛い。または痔等を患っている。

会社が嫌い・学校が嫌い。全てが嫌。みんな勝手だもしくは不信感が強い。

足がだるい、電車内などじっと立っているのが苦痛。平坦な道なのに、よくつまずく。
ちょっと歩くと疲れる。または非常に疲れ易い。
急に体が熱くなったり、冷たくなったりする。足がよく冷える、もしくは足が熱い。



本セッションは医療行為をするものではありません。
当所を利用されている方の多くは内科、精神科、心療内科等を併用されています。お気軽にご相談ください。



ブログはちょっとお休みしています。
しばらく、お待ちください。

カウンセラーを
募集しています!
東京池袋SBMカウンセリングでは、治験関係のお仕事を請け負っていま
す。治験応募者の方の状態をお聴き
し医師に情報を提供する業務です。
ご自宅でできる電話カウンセリング
です。
カウンセリング経験が豊富な方、あ
る程度の病状の見立てができる方で
自分のノートパソコン(MAC不可)をお持ちの方を募集します。
ご興味のある方は、まずは下記の
メールまでご連絡ください。詳細
をお伝えいたします。

東京池袋SBMカウンセリング

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-31-10 
ドミール池袋309
TEL 050-3473-3761
E-Mail info@sbm-counseling.com

※お問い合わせページにSSL送信できる「お問い合わせフォーム」があります。

※直接メールでお問い合わせ希望の場合は上記アドレスに送信してください。



主なセミナー実績
2014年12月6日
安保徹先生と崎谷博征先生とバニラ先生とのセミナーでパネルディスカッションを行いました。

2014年9月5日
横浜の保育園でメンタル不調になら
ない子供達の生活習慣セミナーを
致しました。

2014年6月9日
女優・松田美由紀様ライブで
小児科医 高野弘之先生と
セミナーを致しました。

2014年4月20日
小児科医 真弓定夫先生
管理栄養士 小町みち子先生
とセミナーを致しました

2014年3月16日
小児科医 真弓定夫先生
精神科医 内海聡先生
とセミナーを致しました
2013年12月14日
保育士対象で生活習慣の
セミナーを致しました。

2013年11月21日
精神科医 内海聡先生と
セミナーを致しました。


3冊目の本が
出版されました!

真弓小児科医院長
真弓定夫先生と共著で
2013年10月発売!

真弓定夫先生は「薬を使わない、注射をしない」自然流の子育てを提唱し、社会文化功労賞受賞されている先生です

うつの原因究明編
うつでもいいじゃないか!!(上・下巻)』

  
うつになる体の原因究明、頑張れる心と身体作りの内容です。

健康を中心とする出版社、美健ガイド社のHPからご購入できます。
525円
2冊目の本が
出版されました!
『身体にこの兆候が
出始めると数年後に
うつになる!
あなたは大丈夫か?』
ごま書房新社
1,575円
2012年12月より発売!


SBMカウンセリングの考え方やセッションの様子、体験談などはもちろんのこと、ご自分で対処できるようにも書いています。
遠方などで当施設へお越しいただけない方やお越しいただく前に、よろしかったら、読んでみてください。

平成25年1月21日付け
読売新聞に広告されました


1冊目の本は以下です。
うつにならないための
『脱ポジティブマインド』
カナリア書房
1,260円

  
頑張れろうとすればするほど
空回り。ポジティブになろうと
思って頑張っているのにネガティブ
な自分になってしまう。本当のポジ
ティブってなんなのだろう?そんな
時に読んでください。
メンタル小説という新たな分野を
ペンネーム堤大郎で書きました。

copyright©2012 SBMカウンセリング all rights reserved.